硫化水素ガスにご注意ください

全国各地で硫化水素ガスによる事件・事故が発生しており、近隣住民が避難したり、巻き添えに遭うなど死傷者が多数発生しています。

硫化水素ガスを吸い込むと、鼻やのどが激しく痛み、高濃度の場合には死に至ることがあります。二次的な被害を防ぐため、次の点にご注意ください。

硫化水素の特徴と危険性

  • 無色の気体で、卵が腐ったような強い刺激臭があります。
  • 空気より重いため、床近くに溜まったり、下の階に流れます。
  • 目や鼻、のどなど粘膜を刺激する有毒なガスで、高濃度の場合は死に至ることがあります。
  • 特有の異臭がありますが、臭覚を麻痺させる作用があるため、高濃度では逆に臭いを感じなくなるケースもあり、注意が必要です。
  • 可燃性のガスで、引火爆発する危険があります。

 

現場の特徴

  • 硫化水素ガス特有の「卵が腐ったような」臭いがします。
  • 人が倒れている場所(浴室や車両など)に、テープ等による目張りや「有毒ガス発生中」などの張り紙がされていることがあります。
  • 複数の洗剤などの容器やバケツなどがあります。

 

二次的な被害を防ぐために

  • 臭いのしないところ(屋外の風上)へ避難してください。
  • 臭気のある浴室や車両などに近づいたり、扉を開けたりしないでください。
  • 周囲の人に知らせ、避難を促してください。(特に発生階の下の階)
  • 発生の疑われる場所へ近づこうとしている人がいたら引き留め、一緒に避難してください。
  • 安全な場所に避難後、ただちに119番通報し、消防隊が到着するのを待ってください。
  • 発生場所付近では火を使わないでください。

 

お問い合わせ・お申し込み先

〒080-0016 帯広市西6条南6丁目3番地1
とかち広域消防局3階 救急企画課
TEL:0155-26-9123 FAX:0155-26-9120