トルコの消防士ら13人が来署し足寄消防団と交流

1月25日、国際協力機構(JICA)の青年研修としてトルコから来日した13人の消防・救急関係者が足寄消防署を訪れ研修を行いました。

午前中の施設見学では消防庁舎や消防団詰所、足寄町の防災倉庫などを見学し、消防資機材について意見交換を行いました。研修員からは熱心な質問が多く上がっていました。

午後からは主に消防団組織についての研修を行い、奥泉足寄消防団長ら消防団幹部と意見交換を行いました。トルコの消防士からは、職業を持ちながら消防団員としての勤続が50年に及ぶことに驚きと尊敬の拍手が起こりました。

研修の終わりには全員で記念撮影を行うなど交流を深めました。