柏林台出張所が7月1日から運用開始

●柏林台出張所がスタート

 平成30年度から新築工事を行っていた柏林台出張所が令和2年7月1日(水)から運用を開始します。
 柏林台出張所は、老朽化が進んでいる西出張所(西19北1)から移転新築するとともに、緑ヶ丘出張所(緑ヶ丘東通西1)と統合します。一般的な建物の1.5倍の耐震性能を有し、停電時においても機能を維持するための非常用発電機を設置していることから、災害時でも消防活動の拠点施設として、地域の安全を確保します。
 また、省エネルギー化を推進するため、建物にはLED照明器具や太陽光発電設備を採用しています。

建設工事が進む柏林台出張所

●訓練施設も充実

 消防職員や消防団員の訓練研修のため、西出張所の約2倍の敷地面積を確保し、ホース乾燥塔の壁面にはしご訓練、ロープ訓練設備を設置するほか、敷地内に鉄骨製の訓練塔を併設しています。

      訓練塔                    はしご、ロープ訓練設備

●概要・その他

概要

<住  所> 柏林台西町2丁目2番地
<敷地面積> 5,094㎡
<建築面積> 639.85㎡
<延べ面積> 914.88㎡
<構  造> 鉄筋コンクリート造2階
<主な設備> 非常用発電機・ホース乾燥塔
        車両排ガス排出装置
        太陽光発電設備・出動表示灯
        はしご、ロープ訓練設備・訓練塔

西出張所と緑ヶ丘出張所は、柏林台出張所の運用開始に伴い業務を終了し、閉所します。