住宅用火災警報器点検週間の実施について

 総務省消防庁による実際の住宅火災における被害状況の分析では、住宅用火災警報器の設置により、火災発生時の死亡リスクや損失の拡大リスクが大幅に減少するという結果が出ています。

 住宅用火災警報器は電池切れや故障しているまま使用を続けると、いざ火災が発生した場合に正常に作動しない可能性があるため、定期的な点検が必要になります。設置義務化から10年以上が経過しているため、機器の点検又は本体を交換することを推奨しています。

 このことから、帯広消防署では6月1日(火)から6月7日(月)の1週間を住宅用火災警報器点検週間として、次の取り組みを行います。

●消防車両での広報宣伝の実施

量販店6店舗における啓発物品の展示

警報器の設置や点検方法でお困りの方への取付支援及び点検支援の周知



お問い合わせ先


〒080-0016 帯広市西6条南6丁目3番地1
帯広消防署指導課
TEL:0155-26-9131 FAX:0155-26-9133