高規格救急自動車を更新しました

上士幌消防署では、10年間使用した高規格救急自動車を更新し、10月9日より運用を開始しています。

赤色灯にLEDを採用することで従来よりも視認性が増し、サイレンも最新機器を採用し、より聞き取りやすくなりました。
また、車両に積載された救命処置用資器材等も更新、より確実かつ円滑な活動が可能となっています。
機器のみならず、救急救命士のスキルアップを図り、さらなる住民サービスの向上を目指します。

なお、旧救急車の売り払いに関しては、下記の上士幌町ホームページで確認できます。

https://www.kamishihoro.jp/


更新された高規格救急自動車と資器材



2018.12.1