初期消火に協力した方へ

消火薬剤の無償詰め替え

十勝管内で発生した火災等において、第三者が自己の消火器を使用して初期消火を行った消火協力者に対し、「一般社団法人 北海道消防設備協会 帯広支部」の協力により、無償で、当該使用済み消火器の消火薬剤の詰替等を行うものです。

補助対象となる例

  • 近隣の住宅で発生した火災を消火するために、自己所有の消火器を使用した時。
  • 近所のゴミステーションで発生した火災を発見し、自己所有の消火器を使って消火した時。
  • 応急消火義務者(火災を発生させた方・火災が発生した建物の居住者など)が所有する消火器や、火災が発生した建物に法令等の規定により設置が必要とされている消火器は対象となりません。

 

消火協力者となった時の流れ

1.消火協力者が消火近隣の火災(建物・共用施設等)を自己の消火器で初期消火した。(=消火協力者) 2.消防機関へ申請消火協力者からの希望により、 申請書を作成し、消防署へ提出する。(その際、使用済み消火器は回収します。)
3.設備協会から消火器受領北海道消防設備協会が申請内容を確認後、 消火薬剤の詰替または消火器が古い場合は同等の消火器を提供します。 4.消火協力者に返却消火協力者に連絡し、消火器を取りに来てもらう。取りに来れない時はお届けします。

 

消火薬剤の無償詰め替えリーフレット(226KB)

お問い合わせ先

〒080-0016 帯広市西6条南6丁目3番地1
とかち広域消防局3階 予防課広報調査係
TEL:0155-26-9124 FAX:0155-26-9120