高規格救急自動車を更新しました

帯広消防署に配置している高規格救急自動車を更新しました。

新車両は車内スペースや医療機器用の電源の確保のほか、走行中における振動を緩和する防振架台を装備するなど、応急処置や傷病者の安全な搬送に配慮した設計としています。また、緊急走行時に走行状況に連動して点滅するLED赤色灯を採用し、安全性の向上を図りました。