救急現場に消防隊も出動します(PA連携)

状況により救急現場に自動体外式除細動器(AED)などの応急処置用の資器材を積載した消防隊が救急隊と共に出動し、相互に連携して救急・救護活動や人命救助活動などを行う「PA連携」による出動を実施しています。

PA連携って何?

PA連携 PA連携とは、救急現場において消防隊と救急隊が連携して救急・救護活動などを行うことの総称で、消防ポンプ車(Pumper)と救急車(Ambulance)の双方の頭文字から「PA」とされ、全国の消防本部において広く使用されている用語です。

PA連携の必要性と目的

昨今、市町村において救急車の出動要請が重複し、近くの救急車が出動中のため遠方の救急車で対応せざるをえない場合や、高層建物などで救急隊だけでは傷病者の搬出・搬送が難しい救急事案が少なからず発生しています。

このような場合に消防隊を効果的に活用し、傷病者の救護や救命処置などをより迅速かつ確実に行うことで救命効果を高めることを目的に行うものです。

消防車がPA連携で出動する場合

  • 救命処置を必要とする傷病者の発生時に近くの救急車が出動中で、消防隊による早期救命処置が有効と判断されるとき
  • 消防署所に直接、傷病者が助けを求めてきたときや、消防隊が傷病者と遭遇した場合で、救急車が到着するまでの間に応急処置などが必要なとき
  • 交通量の多い道路など危険性が大きい場所で救急事案が発生し、傷病者や救急隊員の安全を確保する必要があるとき
  • 階段や通路などが狭い場所や建物の上層階などで救急事案が発生し、傷病者の迅速な搬出・搬送が難しいときこのほか、現場の状況からPA連携による出動が必要なとき

住民の皆様のご理解をお願いします。

「救急車を呼んだのに消防車が来た」というように驚かれることもあるかも知れませんが、一人でも多くの人命を救うことを目的としておりますので、住民の皆様のご理解をお願いします。

また、救急車も出動しますのでご安心ください。

 

お問い合わせ・お申し込み先

〒080-0016 帯広市西6条南6丁目3番地1
とかち広域消防局3階 救急企画課
TEL:0155-26-9123 FAX:0155-26-9120