リコール情報

始めに

身近な存在となっている家電製品や自動車。
続々と新しい製品が作り出され、私たちの生活を便利にしています。
しかし、この家電製品や自動車から予期せぬ事態が発生する場合があります。
皆さんは「リコール」という言葉をご存知でしょうか?

リコールとは

リコールとは、設計・製造上の過誤などにより、製品に欠陥があることが判明した場合、法令の規定又は製造者・販売者の判断で、無償修理・交換・返金などを行い、事故・トラブルを未然に防止する制度のことです。


リコールの情報入手手段

リコール情報を入手するには、いくつか方法があります。

1 インターネット
消費者庁、国土交通省等のホームページに各種製品や自動車等のリコール情報や事故情報が公開されていますので確認しましょう。また、各メーカーのホームページにも情報が公開されています。
消費者庁リコール情報サイト
自動車のリコール・不具合情報(国土交通省)
独立行政法人 製品評価技術基盤機構ホームページ
2 問合せ
多くのメーカーでは、電話で相談用窓口を開設しています。使用している製品等に不安を感じたときは、メーカーに直接電話をして確認しましょう。
3 新聞記事・広告等
新聞の記事や広告、折込チラシ、店頭のポスター等に掲載されていることがありますので、自分が使用しているものと似ている場合は、確認しましょう。
4 ダイレクトメール
自動車のように所有者の特定が可能な場合は、メーカーからリコール情報等のダイレクトメールが届く場合があります。その場合はすぐにダイレクトメールの指示に従いましょう。

 

最後に

実際に、リコールの対象となった製品から出火した事例があります。また、製品等から出火し、調査の結果不具合が判明し、リコール対象となったという事例もあります。

リコールに気付いた場合はもちろんですが、使用中に異音や異臭などの異常を感じた場合は、すぐに使用を中止し,メーカーの対策を受けるようにしてください。万が一、火災が発生した場合は、すぐに119番通報してください。

「リコール」を他人事と思わず、積極的に情報収集してください。