119番通報等に係る多言語通訳について

コールセンターを通じた多言語通訳を行っています

 とかち広域消防局では119番受付時や災害現場等において、日本語によるコミュニケーションが困難な外国人の対応を迅速かつ適確とするため、民間事業者通訳サービスを活用した多言語通訳の運用を行っています。
 令和3年4月現在、対応言語に「シンハラ語」、「ヒンディー語」の2言語が加わり、下記の20言語に対応しています。

対応可能言語

英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語・タイ語・ベトナム語・タガログ語・インドネシア語
ネパール語・ドイツ語・フランス語・イタリア語・ロシア語・マレー語・ミャンマー語・クメール語・モンゴル語
シンハラ語・ヒンディー語

運用体制

1 119番通報受付時
 とかち広域消防局消防指令センター、119番通報者、通訳事業者の3者で通話し、同時通訳にて必要事項を聴取します。

2 災害現場等
 現場の隊員と外国人傷病者等が携帯電話を相互に持ち替え、通訳事業者を介し、必要事項を聴取します。

運用イメージ


お問い合わせ先

〒080-0016 帯広市西6条南6丁目3番地1
とかち広域消防局2階 情報指令課
TEL:0155-26-9126 FAX:0155-22-9119
Eメールアドレス:call@fire-tokachi.hokkaido.jp